⇒お得にゴルフ場を予約するための常識

【ゴルフに必要なもの】未経験の人がゴルフを始める際に最低限用意するべき道具にはどんなものがあるの?

今まで全くゴルフをやったことがない

ゴルフをするのための準備を全くしていない

そんな状態で・・・

今からゴルフを始めたい!

これからゴルフを頑張りたい!

という方が、まず気になることと言えば・・・

とりあえず最低限何を用意すればいいのか?

ではないでしょうか?

何があればゴルフができるのか。

ゴルフというスポーツをするためには何が必要なのか。

おおよそ”予想通り”ではありますが、定番に付随するものもいろいろあったりします。

また、

ちゃんとやりたい

形だけできれば

という姿勢によって、”あるべき”ものが違います。

更に、

ゴルフをするために必要な道具

ゴルフ場に行く時に必要なもの

これらも、やや異なるものです。

ここではあまり難しことは考えず、ざっくりと紹介していきます。

ゴルフに必要な道具

ゴルフは金がかかる

という印象がありますが、それは「いろいろ道具が必要」というイメージからだと思います。

高いものをたくさん買う必要がある

何もかもがいちいち高い・・・

その中でも、やはり「ゴルフクラブ」に関するものから。

ゴルフクラブ

これがないと、何も始まらない。

超常識的なことですね。

どうしても、絶対に買う必要があります。

一言で”ゴルフクラブ”と言っても、いろいろな種類があります。

  • ドライバー
  • フェアウェイウッド
  • ユーティリティ
  • アイアン
  • ウェッジ
  • パター

それぞれの種類に、いろいろなメーカー・価格帯があります。

「価格の上限」に関してはある程度決まっていますが、ピンキリです。

それぞれの用途として、

  • 第1打(ドライバー/ウッド系)
  • 2打目以降(ユーティリティ/アイアン)
  • バンカー(ウェッジ)
  • グリーン(パター)

基本的には全部必要ですが・・・それぞれに細かく種類があったりと、完璧に揃えようとしたらきりがないものになります。

また、持って回れる(本番の際)数は14本と決まっています。

もちろん、14本なくても大丈夫です。

ゴルフクラブは、”消耗品”です。

壊れたり、これから買い増すものであり、最初に全ていいものを揃える必要はありません。

道具はとても大切な要素であり、また道具が全てではありません。

高い道具を使っている方が、安い道具を使っているよりうまくなるわけでもありません。

とはいえ、始めるにあたって金銭的なウェイトが一番重くなる要素には違いありません。

ただし、一度揃えてしまえば、都度お金がかかるものではありません。

自分のゴルフのレベルや目指すところ、また家計を考えて徐々に揃えていきましょう。

基本的には、まず最初は「ゴルフクラブセット」を買うことになるはずです。

初心者向けであれば、4~8万円程度が一般的でしょうか。

ゴルフボール

こちらも常識ですね。

ゴルフクラブで何を打つの?と。

ゴルフはボールを自分で選べるスポーツです。

ボールってどれも同じでしょ?

という方もいるかもしれませんが、これもいくつか種類があります。

大きく分けて

  • 距離(ディスタンス)
  • 回転(スピン)

この2種類。

飛距離の出やすさを優先するのか、回転しやすさを優先するのか。

間をとった「バランス系」も最近流行っているようです。

また、ざっくり

  • 練習ボール
  • 本番(高級)ボール

と、分けて考えることもできます。

”自分にとっていい感じ”のボールを早く見つけたいものですね。

ボールと言えど1個200~700円と、けっこう価格差があります。

700円のボールをロストしたら、ちょっとショックですね・・・

初心者の頃は、安いボール(中古もあり)を大量に買っておくといいと思います。

また、ボールに付随して

  • ティー(第1打の際にボールを乗せるピン)
  • マーカー(ボールをどかす際に目安としておくもの)

といったものも必要になります。

ゴルフウェア

ゴルフ場には、基本的なドレスコードがあります。

歴史やランクによっても異なりますが、けっこうきっちりラインが決められています。

場所によっては、ジャケットや革靴が必要なことも。

入場と退場だけちゃんとしていればいいだけでなく、コースを回る際にもある程度決まったルールがあります。

とりあえず、「襟付きのシャツ」と「チノパン」を用意しましょう。

多くの方は1着くらいは持っていると思いますが・・・

夏等は短パンでも大丈夫ですが、最低限の正装が求められる場合もあります。

「ポロシャツ」はOK

「ジーンズ」はダメ

割と細かく、”品”というものが求められるようです。

初めて行くゴルフ場の場合は、その”ゴルフ場のルール”をチェックするのは必須です。

ゴルフシューズ

各種スポーツの「スパイク」と同じように、ゴルフのための専用の靴です。

これがなければ、コースを回ることはできません。

入場後に履き替えて回り、また履き替えて退場します。

1足は用意しておきましょう。

とりあえず、1足あれば大丈夫ですね。

いずれは必須になるもの

”いろいろ必要”とは言いましたが・・・

クラブとボールさえあれば、とりあえずゴルフはできてしまいます。

その他に関しては、”あった方がいいよね”というものです。

ただし、ある程度ちゃんとするのであれば”持っているべき”ものもあります。

代表的なものとして、

ゴルフスコープ(距離系)

といったものがあります。

ボールとの距離

グリーンとの距離

ピンとの距離

ゴルフと”距離の計算”は切り離せません。

ゴルフとは、距離を測るスポーツでもあります。

実戦の際には、基本的には必須になります。

あるべきもの

「ゴルフと言えばサンバイザー」というのは、間違っていません。

帽子

サングラス

熱中症対策や芝の照り返しを考えたら、やはりあった方がいいです。

水分は言うまでもありません。

女性の場合は「日焼け止め」等も必要かもしれませんね。

あった方がいいもの

ゴルフ場や屋外練習場は、基本的に郊外にあるものです。

電車では、アクセスが悪い場所も多いです。

免許

カーナビ

あるに越したことはありません。

普段練習する場所

クラブをしっかり振れる場所は、基本的にゴルフ場と練習場に限られると思われます。

「普段使いの練習場」を、しっかり用意しておきたいものです。

ゴルフの練習は「レッスンビデオ」や「体力づくり」等、様々なものが含まれます。

しかし、やはり実際にボールを打つことが一番大切です。

どこか1つでも、行きつけの練習場を持っておきましょう。