⇒お得にゴルフ場を予約するための常識

【一番効果が高いゴルフの練習法とは】みんな普段どこでどうやってゴルフの練習をしているの?

ゴルフ上達のためには、練習が不可欠です。

しかしながら、

何をして”練習”となるのか分からない

ということが、ゴルフの特徴でもあります。

「ゴルフの練習」というのは、なかなか難しいテーマです。

クラブさえあれば、<ゴルフクラブを振る>という練習ができます。

この点は、とてもお手軽と言えます。

ぜひ、周囲には気を付けています。

加えて、「最悪クラブが無くても練習できる」というのもゴルフの特徴です。

クラブを握っていると想定してスイングモーション

という”動き”は誰もが経験あるはずです。

いわゆる、「フォームの確認」という練習です。

ドライバー、アイアン、パターに関係なくできることです。

場所も問いません。

ランニング

筋トレ

全てゴルフのためを思えば、それはゴルフの練習になるでしょう。

とはいえ、可能であればしっかりクラブを振って、ボールを飛ばしたいはずです。

本格的な練習はみんなどこやってるの?

ゴルフの練習と言えば、「打ちっぱなし」と呼ばれる施設が有名です。

ゴルフをやらない方、やっていなかった頃は、大体打ちっぱなししか知らないものです。

「ボールを打てる練習場」としては、実際にスタンダードな場所である言えます。

24時間営業の施設も多いことが特徴的であり、
”仕事の後に”という、事情を抱えた利用者も多いことを表しています。

ただ、やはり比較的広い面積を必要とするために「郊外」にあることが一般的です。

数に関しても、それほど頻繁に見かけるものではありません。

”足が必要(車)”といった、デメリットもあります。

今やスタンダードとなったインドア練習施設

屋外練習場があるなら屋内の練習場もあるの?

ちゃんとボール飛ばせるの?

と、思われる方もいるかもしれません。

しかし、もうすでに「インドア練習場」というのは定番の1つとなっています。

各種シミュレーター

快適な空間

といったも進化し続けており、何より手軽であることから利用者も増え続けています。

「ゴルフスクール」や「レッスン」を兼ねている施設も多く、
インストラクター(レッスンプロ)が常駐したいたりと、各種フィットネスと通じています。

実際に、「ジム」の代わりに通う人も増えているようです。

都内や大阪といった都市であれば、ターミナル駅付近だけでなく、住宅街にも意外とあったりします。

仕事がある・なしに関係なく、気軽に通えることがメリットです。

習慣化している人も多い

ゴルフの練習施設は、新しい風邪が流行った後、ゴルフ場よりも先に客足が回復しています。

上記したように、フィットネスジムから鞍替えした人も多いです。

インドア練習場やスクールの会員になり、定期的に通う方も珍しくありません。

一定の間隔で継続するのは、上達するためにとても大切な要素です。

「一定のレベル」まで成長する一番の近道は、<練習通い>に違いありません。

どこでもできるのがゴルフの魅力だけど

冒頭でも述べたように、ゴルフの練習はどこでもできます。

<レッスンビデオを見る>ということも、練習と言えば練習です。

とはいえ、”実際に体を動かしてなんぼ”でもあります。

ぼーっと見ているよりは、実際に体を動かしながらの方がうまくなるに決まってます。

ビデオを見た後は、振ってみて効果を確かめる必要があります。

それよりも、本当に効果があるのが「実戦による練習」です。

ゴルフ場に行って、ゴルフをすること。

実戦を超える練習はありません。

最高のゴルフの練習法は、コースに出ることです。

時間や予算が許すのであれば、これが一番の上達の近道に違いありません。

ただし、練習をしなければコースに出られない現実もあります。

本格的な練習をするためには、練習が必要なのです。