⇒お得にゴルフ場を予約するための常識

2021年現在”ゴルフ”というスポーツは本当に流行っていてプレイ人口は増えているのか?

「今、ゴルフが流行っている!」

「今、ゴルフが熱い!」

といったワードを、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

ゴルフとは、”いつのまにか始めている”スポーツでもあります。

ゴルフをやったことがない方というのは、

ゴルフはおじさんがやるスポーツ

ゴルフはサラリーマンが付き合いでやるスポーツ

といった印象を持っているものです。

しかし、実際にそういった印象を持っていた方も、”気が付いたら”始めていることに。

やがて練習場を飛び出し、ゴルフ場に通うことになりますが・・・

「最近なんか人が増えてない?」と感じることはないでしょうか?

事実、ゴルフ人口は”やや”増加傾向にあります。

とはいえ、その事情はちょっと複雑です。

”始める”人が、急激に増えただけではありません。

ゴルフならではの”特徴”や”魅力”が再認識されて来ているのです。

ゴルフを<選ぶ>人が増えている

ゴルフ人口が増えているように感じる一番の要因は・・・

やはり、昨今の「新しい風邪」の影響です。

各種スポーツのプレイ人口急減していたの中、ゴルフはいち早く回復した種目になります。

人と人との距離や、圧倒的に換気されている条件から「ゴルフ場」というのは最適な場所です。

”屋外の開放的な場所でできるスポーツである”

ということが、昨今の情勢と完全にマッチしているのです。

娯楽や趣味としてゴルフを続けて来た

ゴルフが1つの選択肢に過ぎなかった

という人が、今ゴルフを<選んでいる>状況になっていると考えられます。

ゴルフ場

練習場

といった施設に関係なく、2020年以降の来場者は右肩上がりのようです。

とにかく、流行りつつあるのは明らかです。

若い人は確実に増えている

もちろん、新たにゴルフを始める人も増えています。

改めてゴルフの魅力に気づき始めた経験者の方だけでなく、
”何か趣味を”と探していた若い方の最初の選択肢となっている傾向があります。

「ゴルフ用品の売り上げ」の増加からも、とにかくクラブを手にする方が増えています。

「その年に始める人」の割合が、20代前半に絞ると例年の倍になっているデータもあります。

趣味としてゴルフを始める

体を動かすための手段としてゴルフを始める

いろいろなパターンから、ゴルフに”入って来る”時代です。

特徴的なこととして、「フィットネスジム」に併設されているインドアゴルフ施設でゴルフに出会うことも多いようです。

”体を動かす”ということを目的としてフィットネスジムに通っている人が、

運動の選択肢の1としてゴルフを始め

ゴルフの上達を目的とするようになり

練習場やゴルフ場に通い出す。

まさに、”ハマっていく”という表現が相応しい行動フローですね。

従来のゴルフを始める理由である、

上司に誘われて・・・

仕事の付き合いでやらざるをえない・・・

やっておいた方がいいよな・・・

ではなく、自発的に始める人が増えているのです。

仕事のツールとして、カッコつけとして始めるのではなく、”やりたいから”始める人が増えている時代になって来ているということです。

課題が複雑になって来ている

プレイ人口が増えている

ということだけでなく、

プライヤーの感覚や経済事情といったことからも、様々な課題が見え始めています。

ゴルフ場は相変わらず高い・・・

システムの変更や値下げ合戦・・・

とりあえずゴルフ場に出てみたい!の結果としてのスロープレイ・・・

従来のプライヤーにとってはメンドウな、過渡期らしい光景が繰り広げられているようです。

ゴルフ人口が増えていく傾向は、今後も続いていくと考えられます。

今は”丁度いい感じ”を、みんなで模索していく時期なのかもしれません。